インドネシアビジネスとスタートアップ投資の今
マーケット動向

インドネシアの決済アプリ市場の最新動向

インドネシアの決済アプリ市場の最新動向についてまとめました。

今回の記事のソースについては、末尾でご紹介しています。

決済アプリ市場の概観

  • インドネシアの決済アプリの取引高は2018年に15億ドルに到達し、2023年には250億ドルまで成長すると予測されている。
  • インドネシアの決済アプリの利用率は過去5年で70%増加。
  • フィンテックアプリの利用回数は、2019年の6月は16.7億回から、2020年の6月には28.3億回となり、1年間で70%増加している。
  • 決済アプリ利用者の47%以上が3つ以上の決済アプリを使い分けている (Ipsosの調査)。
  • 決済アプリ利用者の68%が最低でも週に1回以上、決済アプリを使っている (Ipsosの調査)。
  • 1000人へのアンケートによると、Eコマースで買い物をする際に、26%が決済アプリで支払いをしている (JakpatとiPriceの調査)。
  • その他のEコマースの決済は、銀行振り込みが30%で最多、デビットカード決済が3%、クレジットカード決済は2%である。
iPrice – E-Wallet Lokal Masih Mendominasi Q2 2019-2020

代表的な決済アプリ

  • GoPay:GoPayはインドネシアを代表するスタートアップGojekの決済サービスである。GoPayの独自のアプリはなく、Gojekのアプリの中の一つの機能として統合されている。
  • OVO:OVOはインドネシアの財閥の一つであるLippo グループからスピンオフした決済サービスである。TokopediaやインドネシアのGrabなどの決済パートナーになっている。
  • DANA:DANAは中国最大のフィンテック企業Ant Financialとインドネシアの財閥Emtekから出資を受けている決済サービスである。
  • LinkAja:LinkAjaはインドネシア政府所有の決済サービスである。株式の85%が、インドネシア最大の通信会社Telkomsel、最大手銀行のBank Mandiri、BNI、BRIによって所有されている。
出所:Google Playの各社のページ

決済アプリ各社の比較

  • 2019年Q2 ~ 2020年Q2の間のアクティブユーザー数は、GoPay、OVO、DANA、LinkAjaの順番で多かった (App AnnieとiPrice Groupの調査)。
  • Ipsosの調査によれば、「最も身近に感じる決済アプリ」は、58%がGoPay、29%がOVO、9%がDANA、4%がLinkAjaと回答した 。
iPrice – E-Wallet Lokal Masih Mendominasi Q2 2019-2020

所感

  • インドネシアの決済アプリで最も人気なのはGoPayである。これはGojekという代表的なサービスとしてのブランド効果も大きいが、単純に利用する機会が多いというのも大きな理由としてあるだろう。
  • GoPayとその他の決済アプリとの大きな違いは、GoPayはGojekのアプリの一つとして組み込まれている、一方で、その他の決済アプリは決済用途のみの専用アプリであることだ。
  • これが意味することは、利用者がフードデリバリーやモバイル投資などのGojekのサービスを利用するためにアプリを開き、そのサービスを利用する際にGoPayで決済するということである。
  • 一方、OVOやDANAなどは外部のプラットフォームに乗っかり、一つの決済手段として彼らの決済サービスを提供している。
  • しかし、一般的にEコマースやフードオーダーアプリなどの多くは、銀行振り込みやコンビニ決済や複数の決済アプリを使った決済手段を提示するので、OVOやDANAは常に競争する立場に立たされる。
  • このことからOVOは、大手EコマースのTokopediaやライドシェアのGrabなどとエクスクルーシブな決済パートナーになるなどの動きを見せている。
  • しかし、ブランドの露出効果という意味で言えば、GoPayには劣ってしまうだろう。

ソース

Investnesiaについて初めての方は、まずこちらの記事をお読みください。

Investnesia紹介記事当サイトに訪問いただきありがとうございます。こちらの記事では、Investnesiaについてご紹介します。 Investnes...
メルマガ登録

EメールまたはSNSでInvestnesiaの最新の記事を受け取れます。

メルマガ登録

Twitter

Facebook

Line

こんな記事もおすすめ
マーケット動向

インドネシアのYoutubeの最新トレンド

2020年8月31日
インドネシアのビジネストレンド、スタートアップ投資について5分で学べるメディアInvestnesia (インベストネシア)
Googleがインドネシア国内でのYoutube視聴の最新トレンドについてまとめていたのでそちらを紹介します。 ソースについては、Think with Googleのページを …
マーケット動向

東南アジアにおけるインドネシアのデジタル経済の概観 - Eコマースとライドハイリング市場を中心に

2020年7月26日
インドネシアのビジネストレンド、スタートアップ投資について5分で学べるメディアInvestnesia (インベストネシア)
今回の記事では、GoogleとBain & CompanyとTemasek(シンガポール政府の投資ファンド)による「e-Conomy …
マーケット動向

インドネシアに進出する日本企業が知っておくべきオムニバス法とは

2020年7月23日
インドネシアのビジネストレンド、スタートアップ投資について5分で学べるメディアInvestnesia (インベストネシア)
インドネシアのコワーキングスペース企業Greenhouseがインドネシアのオムニバス法に関する記事を出していたので要点のみご紹介します。  …
マーケット動向

インドネシアのEコマース利用者動向 ~主要Eコマース6社の1000万回の取引の分析に基づく調査~

2020年8月7日
インドネシアのビジネストレンド、スタートアップ投資について5分で学べるメディアInvestnesia (インベストネシア)
Eコマース利用者向けのオンライン融資サービスを提供するKredivoとメディアのKataDataのInsight Centerが共同でEコマ …
マーケット動向

新型コロナウイルスのインドネシアの消費者動向への影響

2020年7月19日
インドネシアのビジネストレンド、スタートアップ投資について5分で学べるメディアInvestnesia (インベストネシア)
インドネシアのMcKinseyが7月9日に新型コロナウイルスの影響によるインドネシアの消費者動向について行った調査レポートが出ていたのでそれ …